都市社会地理学

EA009_L
ジャクソン・スミス(1991)はレイ(Ley;1977,1980)やレイ・サミュエルズ(LeyandSamuelseds.;1978)による主観を導入する人文主義的方法が,インナーシティでのジェントリフィケーションやセグリゲーションの調査において,参与観察による経験的なフィールドワークにみられるとした(pp、208~212)。
ジャクソン・スミスは,人文主義的アプローチのなかにラディカルな分析視点を内包していることを指摘しながらも,感情移入を強調するこの手法の分析視点の有効性を主張している。
ところで,近年の社会地理学のうち,都市社会地理学は先に議論したような住宅資源の配分や住宅政策への評価,また,インナーシティにおけるセグリゲーション問題やジェントリフィケーションの現象の説明やその解明,さらには都市住民の生活行動や居住地移動などの行動面などにテーマが移行しているようである。
対策はたくさんある。自分に合った方法を選ぼう。←ちなみにこちらからは多くの物件を見ることができます。対策を見て参考にしましょう。
とくに,ダンカン(Duncan;1976)は,住宅供給システムに関する社会地理学的な研究の理論的フレームワークの開発において,住宅資源の配分のメカニズムを強調したが,この視点は制度論的なアプローチやマルクス主義的アプローチに通ずるものである。これらの議論については,制度論的アプローチや住宅のサブマーケットごとの研究成果の節において整理しているので,近年の動向についてはここでは省略する。